現場のニーズへの対応

レディ

メイクの専門技術は多種多様な場で求められています。専門学校では基礎から応用まで幅広い技術を習得しメイクの資格を取得することができます。これに加え、各専門分野で要求される技術を学び、業界で活躍できるプロを育成しているのです。

詳しく見る

アーティストへの道を進む

婦人

メイクアップアーティストを目指すなら、スキルの習得とともに資格取得も重要な要素になるので、専門学校で本格的に学ぶことをおすすめします。メイクに関わる学科を設けている美容系の専門学校なら、資格取得を目標として学ぶことができます。

詳しく見る

化粧の基本を身につけよう

コスメ

美容業界において、メイクや美容師などの資格は大切です。自分のスキルアップを目指すため、美容専門学校や通信教育講座を上手に利用してメイクをはじめとした技術を学び、就職活動に活かしましょう。場数を踏んで、どんどんスキルアップすることが大切です。

詳しく見る

就職が有利になる

メイク

日本のメイクアップアーティストは、メイクもヘアスタイリングも求められます。ヘアメイクアップアーティストという職種はありますが、資格はありません。なるには広告や雑誌、CMなど現場を経験できる場所に就職する必要があります。学校で学んだり資格をとる事は、就職時に大きなアピールになります。

詳しく見る

美容業界で働きたい方に

女の人

ヘアメイクアップアーティストは、メイクとヘアスタイリング両方できないといけません。その為美容師の資格は必須と言えます。メイクの仕事は非常に多く、上記以外にもたくさんあります。それぞれがプロフェッショナルなので、相応の技術と知識をスクールで学ぶ必要があります。目指すコースが細分化されています。

詳しく見る

化粧のプロになる

化粧

知識とスキルを得るには

テレビや雑誌のグラビアを飾るモデルやタレントは、そのビジュアルを引き立てるために化粧は欠かせません。また、結婚式などの晴れの日に花嫁を美しく彩る化粧も欠かせないでしょう。これらの化粧は、メイクアップアーティストの仕事です。メイクアップアーティストは、公的な資格は必要とされていません。そのため、全くの未経験でもこの仕事につくことは可能ですが、ただし必要とされる知識やスキルがなければ、実際のところ一線に経つのはかなり困難です。そこで、まずはメイクアップ専門学校もしくは美容専門学校で基本的な知識とスキルを学びます。メイクアップ専門学校と美容専門学校のどちらもメイクに関する知識やスキルを学べますが、ただし卒業後の進路に違いが起こる可能性があるのです。もともと美容専門学校は美容師を養成する学校とあって、メイク以外にヘアメイクの知識やスキルも学べます。しかも、卒業後は国家資格である美容師免許の取得を目指します。先にあげたようにメイクアップアーティストに資格は必要ありませんが、ただし国家資格である美容師免許を取得していると就職に有利に働くと言われています。それというのも、この仕事は顔のメイクだけでなくヘアスタイルを整えるのも行うため、美容師の資格を取得していると信用度が高くなるのです。ただ、どちらの専門学校で学んだとしても、最初はプロダクションや美容サロン等で下積みを経験することが必要です。この下積みを経験することで、スキルアップができたり、また人との繋がりができたりと自信がついていきます。しっかりと自信がついたところで、フリーに転身を図ると良いでしょう。

Copyright© 2017 メイクの資格を取ろ|確かな技術を身に付けられる All Rights Reserved.