就職が有利になる

メイク

自分の能力が証明できる

美容に関する仕事は多くあり、目指す職種によって学ぶ内容も多少違います。美容業界の仕事には美容師やメイクアップアーティスト、化粧品を扱うメーカーのアドバイザー等があります。美容師になる為には必ず資格が必要であり、学校等で学び試験に合格する必要があります。メイクアップアーティストになりたい場合、実は特に資格は必要ありません。資格保有が就職の査定条件になっていないのがほとんどです。メイクアップアーティストの業界に就職する為には資格は必要ありませんが、広告や雑誌等で経験を積んだ熟練者がほとんどです。海外ではヘアとメイクは別物と捉えられており、日本の様に両方を担う職種ではありません。日本のヘアメイクアーティストは双方兼ね備えておく必要があり、これは日本人が器用だからと言われています。目指す場合は雑誌や広告会社の美容部門に就職する必要があります。資格は必要ないですが、就職には技術や学んできたという照明は必要です。専門の学校で技術や理論を学ぶ必要があります。学校に入学する事は就職にも直結するので、メリットは大きいです。学校からの就職斡旋やサポートを受けられます。もちろん美容師資格保有している事は、ヘアもメイクも行う日本において就職の強い武器になります。その他JMAメイクアップ技術検定試験等の資格もあります。美容師資格以外の検定試験でも、1級や2級など難易度の高いレベルを取得すると能力のアピールになります。メイクアップアーティストになるには、まず就職する事からなので能力をアピールできる資格や経験が必要です。

Copyright© 2017 メイクの資格を取ろ|確かな技術を身に付けられる All Rights Reserved.